プロジェクトでの47個のプロセス群

プロジェクトでの47個のプロセス群

プロジェクトでの47個のプロセス群


 

プロジェクトの段階を表す5つの「プロセス群」と、10個の「知識エリアを」組み合わせ、行うべきことを表したのが以下の図です。
この図の中には47のやるべきことが表されています。
この47のやるべきことを「プロセス」といいます。
(※「プロセス群」と、「プロセス」が、ごっちゃにならないように注意!)

 

process-c

 

 

プロジェクトの立ち上げから終結まで、これらの47の項目を実施することで、プロジェクトの成功にグッと近づくと言われています。


ただし、1つのプロジェクト内で、47個のプロセスを必ず全てこなさなくちゃいけないかというと、そうじゃないんです。
プロジェクトを進める上で、必要ないものがあれば、実施しなくても構いません。
例えば、外部委託をしないプロジェクトならば、調達マネジメントの中にある4つのプロセスって、あんまり意味ないですよね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>