プロジェクトには5つの段階がある。

プロジェクトには5つの段階がある。

プロジェクトには5つの段階がある。


 

プロジェクトの「有期性」という特性上、必ず始まりがあって、必ず終わりがあります。
ということは、ルーチン業務と違って、プロジェクトには時間の流れがあるわけです。

このプロジェクトの段階のことを「プロセス群」と呼びます。

PMBOKによると、プロジェクトには5つの段階「プロセス群」が存在します。


【立ち上げ】
プロジェクトを立ち上げます。

【計画】
プロジェクトを計画します。

【実行】
計画にそって、作業を実施します。

【監視・コントロール】
計画通りに進んでいるかチェックし、調整します。

【終結】
成果をあげ、プロジェクトは終了します。

 

【立ち上げ】【計画】って同じじゃないの?と、この2つの違いがイマイチ分かりにくいんですね。

【立ち上げ】は、まだプロジェクトが始まっていない段階で、「そもそも、このプロジェクトやるの?」って状態から始まります。
だから、【立ち上け】は、もちろんプロジェクトの大まかな目標を設定することになりますが、それ以前にそのプロジェクトの必要性とか、そのプロジェクトの効果を検証するところから始まり、会社の偉い人に「よし、じゃあこのプロジェクトやるか!」と、プロジェクト自体の発足を認めてもらう段階をも含めています。

それに比べ【計画】は、もうプロジェクトが始まったあとの準備のことです。
プロジェクトが、スタートしてこれからどうやって上手に進めていこうか、、っちゅーことを考える段階が【計画】です。
また、ここでは、【立ち上げ】時に、まだまだざっくりだった目標、スケジュールやコストや作るべきもの・サービスをより詳しく定義することになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>