PMPってなんだ?

PMPってなんだ?

PMPってなんだ?


 

PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)は、米国PMIが認定するプロジェクトマネジメントに関する国際資格です。
PMIは長年、成功プロジェクトと失敗プロジェクトにはある種の共通点があると考えていました。
プロジェクトを分析し、PMIは、プロジェクトマネジメントの方法論を体系化、標準化して、PMBOK(ピンボック)と呼ばれる知識体系をまとめ上げ、PMBOKガイドなるいわば「プロジェクトマネジメントの教科書」をリリースしました。
PMPはこのPMBOKガイドの知識、考え方を元とし、プロジェクトマネージャーという専門家を認定する資格です。

プロジェクトマネジメントそのものが、実は社内でのコミュニケーション方法や、ビジネスに臨む考え方をも必要とするものであるため、ビジネスに必要なスキル・知識を総合的に評価される資格です。ぶっちゃけ、「仕事がデキるヤツ認定テスト」と言っても過言ではありません。
PMPは、このPMBOKガイドを教科書として、その理解度だけでなく応用度までも求められる資格です。


受験資格は、プロジェクトマネジメント実務経験があり、専門教育を35時間受講した人です。
試験は、コンピュータによる4択問題が200問。制限時間は4時間で、試験終了と同時に結果が画面に表示されます。
61%以上の正答率で合格とされています。
3度まで受験することができますが、3回不合格になると、その後しばらくは受験できません。
一度合格してしまえば、もう試験はありませんが、資格を維持する為に、PMIが定めたPDUというポイントを稼いでいく必要があります。
PDUは勉強、研修、自己啓発などでポイントを取得することができ、3年間のうちに所定のポイントに満たすことで資格が継続されます。

61%、、4択問題ならば、25%は確率的に正解しそうですが、微妙な数字ですね。
これを、
「あ、自分にも出来そう」と思うか、
「えー、難しそう」と思うか。

このサイトでは、PMBOKの考え方をご紹介すると共に、試験対策上、大事な箇所もピックアップしてご紹介していきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>