【47プロセス】プロジェクトやフェーズの終結

【47プロセス】プロジェクトやフェーズの終結

【47プロセス】プロジェクトやフェーズの終結


 

【プロセス「プロジェクトやフェーズの終結」概要】

成果物を提出し、文書をまとめた上で、プロジェクトを終結させる。


【INPUT】
・プロジェクトマネジメント計画書
・受入れ済み成果物
・組織のプロセス資産
・組織体の環境要因


【ツールと技法】
・専門家の判断
・分析技法
・会議


【OUTPUT】
・最終プロダクト、サービス、所産の移管
・組織のプロセス資産更新版


プロジェクトやフェーズの終結の流れ

【INPUT】受入れ済み成果物
【ツールと技法】専門家の判断、分析技法、会議などを通して、
【OUTPUT】最終プロダクト、サービス、所産の移管(つまり納品)したら終わりという割とシンプルな流れ。

 

 

終結フェーズの重要用語

受入れ済み成果物
品質検査に合格し、スコープ妥当性確認プロセスで受け入れられた成果物のこと。

事後検証
プロジェクトを完了前に打ち切る場合に、終結フェーズで行われるとられた処置理由の調査、またそれを文書化する手順を確立させること。

事務終了手順
教訓として様々なプロジェクトの記録を集め、将来のために保管すること。

プロジェクト完了報告書
プロジェクトが完了したことを示す公式文書。【OUTPUT】の組織のプロセス資産更新版に記載される。

 


プロジェクトの終わり方


消滅
成果物の受け入れが終わり、プロジェクトが完結する最も良い終わり方。

付加
プロジェクトの終わりと同時に、その営み自体が定常業務に移る終わり方。

欠乏
プロジェクトに必要な資金が足りなくなって、やむ得ずプロジェクトを終了する終わり方。

統合
プロジェクトの資源を、他のプロジェクトなどに回し、消滅する終わり方。

photo credit: Angled to the left hiding Marina via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>