【47プロセス】統合変更管理

【47プロセス】統合変更管理

【47プロセス】統合変更管理


 

【プロセス「統合変更管理」概要】

変更要求に対し、それを認めるか却下するか判定を下す。

 


【INPUT】
・プロジェクトマネジメント計画書
・作業パフォーマンス報告書
・変更要求
・組織体の環境要因
・組織のプロセス資産


【ツールと技法】
・専門家の判断
・会議
・変更管理ツール


【OUTPUT】
・承認済み変更要求
・変更ログ
・プロジェクトマネジメント計画書更新版
・プロジェクト文書更新版

 


統合変更管理プロセスの流れ

【INPUT】として変更要求を受け入れ
【ツールと技法】専門家の判断で、コンサルタント、ステークホルダーや、PMO、業界団体などの、プロフェッショナルとも相談をし、【ツールと技法】会議(ここではCCBが開く変更管理会議のこと)で、変更要求に関して判断を下し、
最終的に【OUTPUT】承認済み変更要求を産出するのが、このプロセスの流れです。

あと、忘れちゃいけないのが、変更点を記録、伝達するプロセスでもあるということ。
変更点が生まれたら、これまでの計画書をアップデートする必要がありますよね。
それゆえ【OUTPUT】には、変更ログや、プロジェクトマネジメント計画書更新版などが存在します。

 

 

全ての変更要求はこのプロセスに集まる

統合変更管理プロセスでは、すべての変更要求をレビューして、変更を承認するかどうかの判断を下されます。
大きな変更、小さな変更、全部がここに集まるというわけです。

PMBOKガイドでは、コントロールされずに行われる変更のこと、つまり勝手に変更されてしまうことを「スコープクリープ」と呼んでいます。

小さな変更だから構わないだろうと「スコープクリープ」を発生させてしまうと、もはやプロジェクトマネジメント計画書は意味を成しません。

そのまま作業を進めても、コストやスケジュール面で様々なズレが生まれてしまうことになるでしょう。

全ての変更要求が、統合変更管理を経由するのは、とにかくこの「スコープクリープ」を発生させないためです。

逆にここに集められることなく、変更が成立するならば、「スコープクリープ」が発生するリスクがあるといえます。


CCB 変更管理委員会って?

CCB 変更管理委員会は、この統合変更管理プロセスにおいて、様々な変更要求を承認または却下、またそれらの決定を記録、伝達することに責任を持つプロジェクト公式のグループのこと。

CCBのメンバーは、プロジェクトマネージャー、プロジェクトスポンサー、プロジェクトメンバーなどです。

 

photo credit: Do you have any Control left ? via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>