【47プロセス】プロジェクト作業の指揮・マネジメント

【47プロセス】プロジェクト作業の指揮・マネジメント

【47プロセス】プロジェクト作業の指揮・マネジメント


【プロセス「プロジェクト作業の指揮・マネジメント」概要】

計画書に沿って作業を進める。また、承認された変更の処理を行うプロセス。


【INPUT】
・プロジェクトマネジメント計画書
・承認済み変更要求
・組織体の環境要因
・組織のプロセス資産


【ツールと技法】
・専門家の判断
・プロジェクトマネジメント情報システム
・会議


【OUTPUT】
・成果物
・作業パフォーマンスデータ
・変更要求
・プロジェクトマネジメント計画書更新版
・プロジェクト文書更新版

 

 

プロジェクト作業の指揮・マネジメントの流れ

このプロセスは、「計画された作業を実施」するプロセスです。

計画書通りに作業を行うので、【INPUT】としてプロジェクトマネジメント計画書(特にこの中に記載されたベースライン)を必要とします。
作業中は、【ツールと技法】プロジェクトマネジメント情報システム(よーするに Excelとかのスケジュール表)で状況を確認しながら、【ツールと技法】専門家の判断、会議などで、周りと相談し、最終的に作業の結果となる【OUTPUT】成果物が完成します。
併せて、作業を行えば、その作業の実績値である【OUTPUT】作業パフォーマンスデータも入手できます。

また、このプロセスには「公式に認められた変更要求に対して、やり直し作業をする」という役割もあります。
ということで、【INPUT】には、承認済み変更要求が含まれるというわけです。


プロジェクトを進める上で、大小様々な計画変更があると思います。
「ここ計画変更したいわ~」という変更要求は、必ず「統合変更管理」プロセスで、変更するかどうかを判定される必要があります。
その判定の結果、「変更オッケーやで~」となった場合のみ、承認済み変更要求となり、「プロジェクト作業の指揮・マネジメント」に流れてくるわけです。

 

 


承認済み変更要求

上記に書いた通り、承認済み変更要求は「統合変更管理」プロセスのアウトプットで、「プロジェクト作業の指揮・マネジメント」のインプットです。

そもそも承認済み変更要求には4つの種類があると言われています。
なぜ、その変更を行うのか。それが4つに分類されるということです。
そして、この”4つ”という数が、4択のPMP試験には、出題されやすいポイントでもあります。


・是正処置
(実績値を計画値に戻すための変更)

・予防処置
(実績値が計画値からズレないように前もって対処する変更)

・欠陥修正
(成果物が思いのほかショボかった時、計画通りのモノができるように手直しする変更)

・更新
(ステークホルダー等からの追加要求)

 

試験では、具体的な変更要求の例を挙げ、「これは是正?予防?欠陥修正?更新?」と4択にしてくることが多いです。
また上の2つは、計画したベースラインを守るために行う変更ですが、下の2つはベースラインを変更させてしまう可能性があるものです。

photo credit: Business Lounge Amsterdam via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>