【47プロセス】プロジェクトマネジメント計画書作成

【47プロセス】プロジェクトマネジメント計画書作成

【47プロセス】プロジェクトマネジメント計画書作成


 

【プロセス「プロジェクトマネジメント計画書作成」概要】

各知識エリアの計画書からプロジェクトの方針を決めるプロセス。さらに目標も設定し、それら全部を1つの計画書にまとめる。


【INPUT】
・プロジェクト憲章
・他プロセスからのアウトプット
・組織体の環境要因
・組織のプロセス資産


【ツールと技法】
・専門家の判断
・ファシリテーション技法


【OUTPUT】
・プロジェクトマネジメント計画書

 


プロジェクトマネジメント計画書作成の流れ

プロジェクト憲章は、いわば「プロジェクトの企画書」でした。
そのプロジェクト憲章を参考にしながら、今度はプロジェクトマネジメント計画書を作成するので、当然【INPUT】にプロジェクト憲章があるわけです。

また、プロジェクトマネジメント計画書には、各知識エリアの分野の細かな計画が記載されることになります。
(コスト計画とか、スケジュール計画とか、リスク対応計画とか、計画書に書かないわけにいかんでしょー)
それゆえ、他プロセスからのアウトプットも【INPUT】に含まれています。


つまり、【INPUT】プロジェクト憲章を確認しながら、
【INPUT】各知識エリアのアウトプットを寄せ集めて、

【ツールと技法】専門家の判断として、上司やプロジェクト経験者などに相談し、
あと、会議などから意見を重ねて(【ツールと技法】ファシリテーション技法)、

最終的に【OUTPUT】プロジェクトマネジメント計画書が出来上がるという流れになります。


ちなみに【INPUT】の組織のプロセス資産は、会社が持っている計画書作成のためのテンプレのことです。
こういうテンプレ、割と多く使われるもの。とゆーことで、これも【INPUT】なんです。

 

 

段階的詳細化

「おいおい、まだこの段階じゃ他プロセスに着手してないだろー。なんで他プロセスからのアプトプットがいきなり【INPUT】なんだよー!」と不思議に思うかもしれません。

PMBOKには「段階的詳細化」という考え方があり、これは「分かんないところは、ざっくり書いといておいて、後から詳しくするわ」っちゅーものです。

最初から、完璧な計画書は作れないので、ひとまず、最初の段階ではプロジェクト憲章に記載されている「ざっくり」計画を記載するだけで構いません。
各知識エリアにて、それぞれの計画書が形を成して来たら、このプロジェクトマネジメント計画書により詳しい計画が記載できるようになります。
そして、これをバンバン繰り返し、徐々に完璧な計画書にアップデートしていくわけです。

 

 

他プロセスからのアウトプットって何よ?

コストマネジメントの知識エリアなら、「コストマネジメント計画書」。
リスクマネジメントの知識エリアなら、「リスクマネジメント計画書」。
各知識エリアの計画プロセスでは、なんとか計画書っちゅーものが作られます。それらのことを「補助計画書」といいます。

また、「スコープ」「コスト」「スケジュール」の計画プロセスでは、「ベースライン」という予定された計画も立てられます。
「ベースライン」には、どんなものを、いくらで、いつまでに作るのかが計画されていて、進捗管理や、コストオーバーなどの指標になります。

この「補助計画書」と「ベースライン」が、他プロセスからのアウトプットのこととされます。

 

 

プロジェクトマネジメント計画書に盛り込まれるもの一覧

一般的には以下の「補助計画書」と「ベースライン」をまとめ上げ、プロジェクトマネジメント計画書は作られます。

スコープマネジメント計画書
要求事項マネジメント計画書
スケジュールマネジメント計画書
コストマネジメント計画書
品質マネジメント計画書
プロセス改善計画書
人的資源マネジメント計画書
コミュニケーションマネジメント計画書
リスクマネジメント計画書
調達マネジメント計画書
ステークホルダーマネジメント計画書

変更管理計画書
コンフィギュレーションマネジメント計画書

スコープベースライン
コストベースライン
タイムベースライン

 

 


変更管理

プロジェクトマネジメント計画書には、「補助計画書」と「ベースライン」のような、いわゆるプロジェクトの計画に関する事柄が盛り込まれます。

それならば、プロジェクトを進める途中で発生する様々な「変更」にどう対応するかということも計画しておかなければいけません。

「変更管理計画書」
ステークホルダーから何かしらの変更が提案された時、どうやってその変更を受け入れ、処理するかといったルールを定めたもの

「コンフィギュレーションマネジメント計画書」
変更前と変更後でどう変わったかを記録するルールを定めたもの。

photo credit: Our 2 meeting tables via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>