PMP試験日は何日後から設定可能?

PMP試験日は何日後から設定可能?

PMP試験日は何日後から設定可能?


 

試験日の予約

試験会場となるプロメトリック社のサイトでのオンライン予約か、電話での予約が可能です。

試験日は空きがあれば、2、3日後からでも予約できます。

直近の日付で予約してサッサと受験してしまうか、

それとも、1か月後の日付を設定して、それまで勉強漬けの日々にするか、どっちでもお好きなほうで受験どうぞ。

 

筆者の場合、情けないことですが試験日を設定して、やっとこさ勉強に本腰になったので、

完璧を求めて受験日を遅らせるよりも、日付を決めちゃったほうがいいと思います。

 

 

3回受験できるPMP

試験直前の数日は誰しも物凄い集中力を発揮できるのではないでしょうか。

自分なりに納得できるところまでとことん勉強したのに、結果不合格だったなら、

速攻、例えば次の週にでも、2日目の受験予約をしてしまうのもアリだと思います。

何故って、間を空けると絶対に知識がこぼれ落ちていくから。

 

ただし、2回目も不合格になった場合は、ラストワンチャンスです。

その場合は少し慎重に、例えば勉強方法を変えてみるなどの対策が必要だと思います。

 

 

試験当日の持ち物

本人確認書類と試験予約をした時に発行されるConfirmation番号が必要です。

本人確認書類は(パスポート)などの1点でいいものと、(日本の運転免許+クレジットカード)などの2点が必要なものがあります。

なお、本人確認書類の名前の部分、英文名は、PMIに受験申請した名前と一致しないと受験できません。

つまり、

YAMADA TARO と、TAMADA TAROU の違いは受験を認められないということ。

十分気をつけましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>