2つの表にみるプロジェクトの特性

2つの表にみるプロジェクトの特性

2つの表にみるプロジェクトの特性


 

プロジェクトの5つのプロセス群「立上げ」~「計画」~「実行」~「監視・コントロール」~「終結」のなかで、一番コストがかかるのは間違いなく「実行」の時です。

それを表したのが、下の表Aです。
プロジェクトの「実行」期は、やはりチームのメンバーも多くなるし、実際に作業して何かしらの結果を作り上げる時期なので、人件費、材料費、必要機材だけでなく、その管理コストまでも、最大級に膨れ上がります。

(表A) PMBOKガイド第5版 p39

(表A) PMBOKガイド第5版 p39より引用

「立上げ」や「計画」の段階では、チームのメンバーもまだまだ少人数ですし、同じく「終結」の段階になるにつれて、工数が減っていくのでメンバーもだんだん少なくなっていきます。

試験対策上、プロジェクトで一番カネがかかるのは、プロジェクトの「実行」期であると、これは覚えてしまいましょう。

 


そしてもう1つの表B。
この表から読み取れるものは、2つあります。

(表B) PMBOKガイド第5版 p40

(表B) PMBOKガイド第5版 p40より引用

 

1つは、プロジェクトは初期段階、「リスク」がもっとも高いということ。

初期のころって、まだいろいろ分からないことがあるので、問題点が山積みなんですが、プロジェクトを進めていくと、だんだん分かってくるんですよね。

ここらへんでトラブルとヤバいな・・って。そしたらリスク対応計画が練れる。
でも初期のころは、ヤバいヤバくない自体が分からない。
分からないことだらけなので、リスクに対する計画も練れない。それがつまり最高にヤバい。


この表から読み取れる2つめのポイントは「変更にかかるコスト」はプロジェクト後期のほうが高いということ。

これも冷静に考えてば、当たり前なんですが、
製品の”設計段階”と”完成段階”で、
製品の手直しをしなくてはならないといった場合、
お金がかかるのはどっちでしょう・ということ。

言うまでもなく、完成間近での手直しのほうがコストを食います。
これも暗記しちゃいましょう。

 

photo credit: Woman at work via photopin (license)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>